スマートフォン用の表示で見る

名もなく貧しく美しく

映画

名もなく貧しく美しく

なもなくまずしくうつくしく

1961年(昭和36年)公開の映画。松山善三が監督を担当。

太平洋戦争末期から終戦間もない昭和20年前半にかけて、耳の聴こえない妻とその夫との夫婦愛を描いた作品。映画に手話を取り入れて、耳が聴こえない人のために、分かりやすいように字幕を入れるなど障害者のためにも見れる映画の先駆け的な作品だった。

出演した小林桂樹は、死後、かつてのインタビュー番組を通じて、これが日本で手話が大きく広まるきっかけを作ったと述べている。

出演は、小林桂樹高峰秀子草笛光子加山雄三など。のちに続編も制作された。

名もなく貧しく美しく [DVD]

名もなく貧しく美しく [DVD]


リスト::日本の映画::題名::な行