スマートフォン用の表示で見る

名嘉睦稔

アート

名嘉睦稔

なかぼくねん

D

1953年沖縄県伊是名島生まれ。

大自然に育まれた豊かな感性を持つアーティスト。

その版画作品は、裏手彩色と呼ばれる技法で制作される。

まず版木に向かって祈り、墨で下絵とは言えない程度の「あたり」をつける。そして祈りの中に見えてきた イメージを一気呵成に版木に彫り込む。 彫りが終わると、「月桃紙」(月桃という沖縄の植物を原材料にした紙)に墨色を摺り、最後に紙を裏返して鮮やかな色彩を 一気につけて作品は完成する。

そのダイナミックかつ繊細な表現による作品群は、 われわれ現代人が見過ごしてしまいがちな大自然の機微、生きとし生けるものの魂の声を、時に優しく、時に力強く、私達に伝えてくれる。

また、その類稀な才能はとど まるところを知らず、彫刻、琉歌、作詞、作曲など様々な分野で日々旺盛に発揮されて いる。

1997年地球温暖化防止京都会議の為の郵便記念切手とポスターの原画を制作。

2000年、九州・沖縄サミット広報用絵葉書の原画を制作。

2003年、読売新聞・土曜朝刊に作品連載。(小説:よしもとばなな氏)

2007年、文化庁より文化交流史として任命される。