スマートフォン用の表示で見る

名古屋市科学館

サイエンス

名古屋市科学館

なごやしかがくかん

科学館の一。プラネタリウムは日本でトップクラスの見学者数(年間約25万人)を誇る。

天文館・理工館建て替え工事による休館を経て2011-03-19よりリニューアルオープンした。

2010-06-10にはドーム直径35メートル*1プラネタリウムがオープンした。限りなく本物に近い星空を再現するための「ユニバーサリウムIX型プラネタリウム」(光学プラネタリウム/カール・ツァイス製)と、コンピュータで計算した星空をプロジェクター投影し、未来や過去の星空や、宇宙旅行等も再現できる「スカイマックスDSII」(デジタル式プラネタリウム/コニカミノルタプラネタリウム)が設置されている。

また、プラネタリウムブラザー工業2016年3月31日までの契約で命名権を取得し、「Brother Earth(ブラザーアース)」の愛称が付けられた。なお、旧天文館で使用されていた投影機(カール・ツァイスIV型)は新天文館に移設され、一部機能を稼動可能な状態で展示されている。

アクセス

地下鉄東山線鶴舞線伏見」下車、5番出口から南へ徒歩約5分 白川公園

*1:世界最大