スマートフォン用の表示で見る

名倉光子

読書

名倉光子

なぐらみつこ

俳人、作家。(1925年‐2009年頃)

東京出身。鹿島孝二に師事。のち結婚、1970年池袋産経教室に入り、上田五千石に師事し78年『畦』同人関脇松浦潟を描いた小説『虹はつかめなかった』を書いた。

著書

  • 『虹はつかめなかった』新小説社 1972
  • 薔薇の秋』牧羊社 畦同人句集シリーズ 1983
  • 『装 名倉光子句集』花神社 1999