名鉄空港線

地理

名鉄空港線

めいてつくうこうせん

名古屋鉄道鉄道路線常滑駅中部国際空港駅 間 4.2km。直流1500V電化、複線。軌間 1067mm。

中部国際空港連絡鉄道第三種鉄道事業者として施設を保有。名古屋鉄道は第二種鉄道事業者として列車の運行を行っている。

駅番号駅名よみがな
“えき”は略
接続路線
TA22常滑駅とこなめ常滑線
TA23りんくう常滑駅りんくうとこなめ
TA24中部国際空港駅ちゅうぶこくさいくうこう

概要

中部国際空港セントレア)への交通アクセスの一つ。起点の常滑駅常滑線に接続しており、快速特急特急急行(稀に快速急行、普通)が名古屋岐阜豊橋方面と直通運転を行っている。

中部国際空港駅

中部国際空港駅は頭端式ホーム2面2線の構造だが、将来の2面4線化も可能な造りになっている。空港旅客ターミナルの「アクセスプラザ」と呼ばれる区域に設置されており、ターミナルビル2階の到着ロビー、3階の出発ロビーともに、段差なしに移動できるようスロープでつながっている。改札内でも(ホームの内側に線路と平行に設置された仕切りの手前まで)カートが使用できるようになっているのも特徴の一つ。

歴史

2005年1月29日、同年2月17日の中部国際空港開港を前に開通した。


リスト::鉄道路線