スマートフォン用の表示で見る

名門!第三野球部

マンガ

名門!第三野球部

めいもんだいさんやきゅうぶ

千葉県の私立高校、桜高校を舞台として繰り広げられる高校野球マンガ。

最初は、主人公の野球部員、檜あすなろが小出などの不良生徒にいじめられるところから始まる。野球部と言っても、第一から第三まで分かれていて、第三野球部は監督鬼頭によって解散を言い渡されることになった。鬼頭に対する石井の一言で第一野球部との紅白戦が始まろうとしていた。

メンバーは、俊足の白石兄弟。炎のガッツマン高橋ひろし。長身の怒れる僧侶候補生、斉藤輪大。

強肩のおデブちゃん、小西カズオ。努力と根性のサード、石井。

元陸上部の紅一点、村下夕子。「桜高の落合」こと海堂タケシ

スター候補生の努力家、檜あすなろ。

この9人が切れ味鋭いスライダーを武器にする京本と、強肩強打の捕手・桜井率いる第一野球部と対戦することになる。

第三野球部では、海堂を除いてはみんな中学生と同じくらいのレベルだが、チーム単位で技術の向上に取り組むことにより、結束力が生まれお互いに切磋琢磨しあうようになった。

一度、第一野球部に僅差で敗北するが、京本からの申出で再試合が決定した。

後に夕子のいとこ、田村達郎がレフトになることで、鉄壁の外野陣が生まれた。達郎は運動神経バツグンかつ、ハンサムなので、女子生徒からはモテモテだった。得意のテニスを生かした「テニス打法」で、テキサスヒットを誘うのが大得意。

さらに実力をつけるために、海堂の友人、指宿がいる銚子工業高校と練習試合をすることになった。最初はバカにされていたが、あすなろの力投でとうとう本格派の桑本聡を引っ張り出した。これが、運命のライバル同士の出会いとなった。