命婦

社会

命婦

みょうぶ

日本の律令制の時代にあった従五位下以上の位階を有する女性、又は官人の妻の地位を示す称号。