明るすぎる劇団・東州

一般

明るすぎる劇団・東州

あかるすぎるげきだんとうしゅう

戸渡阿見(ととあみ、本名:半田晴久ワールドメイト深見東州と同一人物)原作の短編小説を上演する劇団として、2007年5月戸渡阿見によって旗揚げされた劇団。

概要

劇団団長の戸渡阿見が、監督、原作、脚本、音楽、演出、衣装をすべて自ら行っている。

”「16世紀のシェークスピア劇団の再来」との呼び声も高い”がキャッチフレーズ。

定期公演

2009年定期公演

2009年3月18日 東京公演 於:光が丘IMAホール

2009年3月21日 大阪公演 於:阪南市サラダホール

第一部 ある沼の伝説、蝿、広辞林。

第二部 黄金伝説〜清拭篇〜、バッタに抱かれて。

2010年定期公演

2010年9月7日〜9月8日 於:浅草公会堂

戸渡阿見パントマイムが行われた。

DVD

DVD バッタに抱かれて』 たちばな出版(2010/4)

定期公演2009の東京公演、大阪公演を収録。

:収録演目:ある沼の伝説、蝿、、広辞林、黄金伝説〜清拭篇〜、バッタに抱かれて。

目次