明応の政変

一般

明応の政変

めいおうのせいへん

明応二年(1493)、前管領細川政元によるクーデター事件。


将軍足利義材足利義稙)・管領畠山政長河内の畠山基家討伐に出陣中、細川政元日野富子の支持のもと足利義澄を新将軍に擁立。

従っていた諸大名が次々に離脱してしまい孤立した足利義材は降伏して幽閉され*1畠山政長は自刃した。

*1:のち脱出。