スマートフォン用の表示で見る

明王朝

社会

明王朝

みんおうちょう

中国王朝のひとつ。明、明朝、明帝国とも。

(西暦1368年〜1644年)

中国での1世紀ぶりの漢民族による統一王朝

1368年、太祖朱元璋洪武帝)が元王朝を倒して建国。

当初は南京を根拠地にしており、江南から中国を統一した唯一の王朝

1421年以降は北京首都とした。


鄭和大航海を実施するなど、世界屈指の国力を誇ったが、女真族からの防衛のための軍事費増大などで衰え、最後は李自成によって1644年に滅ぼされた。

宋朝以来の皇帝独裁を完成させ、その社会諸制度は後続の清朝にも引き継がれ、まとめて「明清帝国」と呼ばれることもある。