明治14年の政変

社会

明治14年の政変

めいじじゅうよねんのせいへん

1811年(明治14年)10月11日に大隈重信およびそのブレーンであった河野敏鎌、前島密、北島治房、矢野文雄、小野梓ら自由主義官僚が免官、追放された事件。

国家構想をめぐって大隈重信と対立していた伊藤博文岩倉具視らによるクーデーター。