明所視

サイエンス

明所視

めいしょし

光量が充分にある状況での視覚のこと。ヒトや多くの動物では、明所視では色を見分けることができる。これは錐体細胞のは働きによるものである。