スマートフォン用の表示で見る

明石家さんま

アート

明石家さんま

あかしやさんま

本名:杉本高文(すぎもと たかふみ)

生年月日:1955年(昭和30年)7月1日

出身地:和歌山県東牟婁郡串本町奈良市育ち)

師匠笑福亭松之助(二代目)

入門:1974年(昭和49年)2月

所属:吉本興業東京

芸名「明石家」の由来
落語家・笑福亭松之助の弟子だが、テレビタレントとしてのイメージ戦略のため、師匠判断により、師匠の本名にちなんで、明石家を名乗る。芸名のさんまは実家がさんまの加工業を営んでいた為。松之助一門では、他にも何人かが明石家の屋号を名乗っていた。現在はさんま師匠の長男ののんきだけ。ちなみに落語家時代に修行した時のネタが、実は残ってるとの噂。(一度だけTVで放送されたらしい)
また、漫才ブームの頃には同門の明石小禄(後の五所の家小禄)とのコンビで漫才をしていた。

山本梓と親戚。城島茂は高校の後輩。

モデルのIMALUは、大竹しのぶとの娘。

サッカーを始めとするスポーツにも造詣が深い事でも有名。ワールドカップ番組などのパーソナリティを勤めてきた。

DISCOGRAHY

  • 真っ赤な嘘
  • 青いタメイキ
  • シングルベット
  • サンキュー
  • アミダババアの唄
  • いくつもの夜を越えて
  • BIGな気分


受賞歴


リスト::お笑い関連

*1:たけし先生の代役として。なぜか本名を名乗っていた。