スマートフォン用の表示で見る

明石全登

社会

明石全登

あかしたけのり

安土桃山時代から江戸時代初期の武将。

生年不明。没年不明。

「全登」の読みについては、さまざまな説がある。通称:掃部(かもん)

熱心なキリスタンで、宇喜多秀家の家臣。宇喜多騒動の際には、家を仕切った。

関ヶ原の戦いでは、8000の兵を率いて、東軍福島正則相手に戦う。

宇喜多家が没落すると、黒田如水のもとに行くが、黒田長政キリスト教を禁じると、田中忠政を頼る。

大坂の陣で豊臣方として参戦。大阪五人衆の一人として活躍し、戦後行方不明になる。