明智秀満

社会

明智秀満

あけちひでみつ

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は明智左馬助

明智光秀の家臣で、山崎の戦いの敗報を聞いて近江坂本城で自害した。