明田川荘之

音楽

明田川荘之

あけたがわしょうじ

ジャズピアニストジャズオカリナ奏者。通称“天才アケタ”

1950年10月23日東京都生まれ。立教大学経済学部卒業。ジャズピアニスト

 

 小学1年生のとき彫刻家である父親の弟子、香山久からオルガンの手ほどきを受けたのが鍵盤楽器との最初の出会い。母親の勧めで始めたエレクトーンを4年半続けたあと大学でピアノに転向。先輩から強引にジャズの世界に引き込まれ、19歳のときには既に自己のトリオで新宿「ピットイン」や渋谷オスカー」などに出演しはじめている。

 卒業の翌年1974年の2月、自分自身のライヴの方向性を貫き通すために、西荻窪ライヴハウスアケタの店」を開店。ジャズを中心にロック、フォークなど多様なミュージシャンが出演するようになってきた。日本ジャズ・ミュージシャンの7割はここに出演したと言われ、忌野清志郎近藤房之助原田芳雄友部正人パンタ浅川マキなどジャズ以外からの出演者も多い。

 自身はソロ、トリオ、セッションオーケストラなどを中心にフリー、モダンを問わず幾多の人々と共演。また生活向上委員会坂田明4、古澤良治郎とのデュオ演奏も経、最近ではアフリカヨーロッパでのソロ演奏が現地人の共感を大いに煽って帰ってきた。浅川マキ三上寛つのだ☆ひろたちとの共演歴もある。

 

 荻窪の自宅では音楽家でもある父親から受け継いだオカリーナ会社の社長で、世界にも類のないオカリーナジャズ奏者。スタンダード曲などのアドリブも流暢にとれる奇人才人だ。1975年より自主レーベル、アケタズ・ディスクも主宰し多くのジャズLP・CDを制作している。1998年にはオカリナ・アケタ・レーベルも立ちあげここからのリリースも充実してきたところ。

 

 リーダー作としてはデビュー盤『ディス・ヒア・イズ・アケタ1〜3集』(off beat)を皮切りに40枚を超える秀作の数々を世に送ってきた。文筆業も盛んでスイングジャーナルジャズライフ、ジャズ批評、ジャズワールドなどの各ジャズ雑誌において、その個性的な文体が多くの人を笑わせてくれている。

 趣味は温泉・水泳・酒など液体関係全般! 通称天才アケタ。その称号は彼のピアノを聴いた人間ならみなが納得するところ。好きな音楽家ブラームス、カール・シューリヒト、エリック・ドルフィーバド・パウエル