鳴原あきら

読書

鳴原あきら

なりはらあきら

1967年1月生まれ。青山学院大学文学部米文学科卒業。

学生時代から推理小説同人などで活躍、創作少女系同人誌など幾つかを経て、1996年春、「アニース」vol.2掲載「誘惑のマーメイド」(テラ出版)で“Narihara Akira”名で商業誌デビュー。2000年4月、アンソロジー『血の12幻想』(エニックス)収録「お母さん」で、“鳴原あきら”名で単行本デビュー(2002年4月、講談社文庫化)。

2002年、日本女性学研究会会員となり、2002年11月「女性学年報 Vol.23」(オルタナティヴ)掲載「幻の“ままの”朱い実〜石井桃子の自伝的【カムアウト】小説を読みとく〜」で論文デビュー(2004年の25号に論文「『天使な小生意気』〜ある少年漫画における「ジェンダー」表現の解体〜」も)。2005年7月刊行のTS論文集『セックス・チェンジズ――トランスジェンダー政治学』(作品社)収録「帝国の逆襲――ポスト・トランスセクシュアル宣言」の共同訳にも参加。レズビアン小説翻訳ワークショップ(講師:柿沼瑛子)世話人として活動中。

2008年夏、アメリカで出版された文学アンソロジー

SPARKLING RAIN: Fiction from Japan of Women Who Love Women”(New Victoria Publishers 2009年「Golden Crown Literary Award for Best Anthology」受賞)収録「The Pink Drink(ピンクの水)」で、海外デビュー。

ミステリロマンス、評論など、各方面で活動中。


公式サイト→http://www5f.biglobe.ne.jp/~Narisama/


電子書籍

『神の名を呼べ〜鳴原あきら全集1〜』(KDP)

『彼の名はA〜鳴原あきら全集2〜』(KDP)