スマートフォン用の表示で見る

木屋町通

地理

木屋町通

きやまちどおり

木屋町通は、京都府京都市にあり、市街地東部の南北路。

北は二条通から南は七条通までの全長約2.8kmにわたる。

江戸初期、時の豪商、角野了以が高瀬川を開削し、周辺を造成したのが繁栄の始まりとされる。

高瀬川から運ばれる木材や薪などの木を扱う店が多かったことが通り名の由来である。

位置関係

西大路通 河原町通 木屋町通 川端通 東大路通