木下常太郎

木下常太郎

(読書)
きのしたつねたろう

詩人、英文学者。(1907年11月16日-1986年12月6日)
東京生まれ。慶應義塾大学文学部英文科卒。『荒地』に参加。三田文学会会員。日本出版協会事務局長。1951年H氏賞選考委員。1959年日本現代詩人会副幹事長。

共編著

  • 『現代の詩論』村野四郎共編著 宝文館 1954

翻訳

  • 『処女とジプシー』D.H.ロレンス 健文社 1935 のち角川文庫
  • 『文学精神の源泉』エズラ・パウンド 大空社 列冊新文学研究 1994

新着ブログ: 木下常太郎