スマートフォン用の表示で見る

木戸孝允

一般

木戸孝允

きどたかよし

きどたかよし。こういんとも読む場合もある。

1833年6月26日生まれ。

幕末に活躍した長州藩の志士、桂小五郎明治維新以後の名。

薩摩藩大久保利通西郷隆盛と並ぶ「維新の三傑」のひとり。

桂小五郎時代、長州藩での討幕派の中心的人物として活躍し、薩長同盟の密約を結んだ。

維新新政府樹立後は参議、内閣顧問などを歴任。

岩倉使節団にも参加し、のちの立憲体制移行の基礎をつくった。

明治10年(1877年)病没。享年45歳。