木戸克彦

スポーツ

木戸克彦

きどかつひこ

プロ野球阪神タイガースの選手。

右投右打、ポジションは捕手背番号は22番。


1961年2月1日生まれ。大阪府堺市出身。

PL学園高で西田真二バッテリーを組み、1978年、夏の甲子園で優勝。

卒業後、法政大学に進学。で5期連続優勝、日米大学野球代表にも選出される。

1983年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団。田淵幸一背番号22番を引き継ぐ。

1984年より正捕手として活躍し、1985年にはセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

1991年より出場機会が減少し、主に湯舟敏郎とのバッテリーで注目される。


1996年、現役引退。

1997年阪神タイガースバッテリーコーチに就任。

1999年には二軍バッテリーコーチに転じる。

2003年、二軍監督に就任。3年連続ウエスタンリーグ優勝。

次期監督候補にもあがるなど、指導者としても能力を発揮。


2005年、退団。

2006年、マスターズリーグ大阪ロマンズに入団。