木枯らし

一般

木枯らし

こがらし

晩秋から冬(10月半ば〜11月末日)にかけてふく、北寄りの冷たい風のこと。木の葉を散らしてしまうことから。

この時、気圧配置は冬型の西高東低となり、太平洋側で北よりのやや強い風(毎秒8メートル以上)が吹いている状態を指す。

木枯らし一号

気象庁東京大阪でふく一番初めの木枯らしを「木枯らし一号」として発表している。