スマートフォン用の表示で見る

木場公園

地理

木場公園

きばこうえん

都立木場公園

東京都現代美術館(MOT)が園内にある

地下は都営大江戸線木場車庫

真ん中を葛西橋通りに分断されている

公園概要(公式ページより)

木場は、江戸から昭和にかけて、江戸東京へ材木を供給し「材木のまち」として栄えてきました。

 1969年には、江東再開発構想のなかの防災拠点の一つとして位置づけられ、木材関連業者が現在の新木場へ移転したのを機に、水と緑の森林公園として整備されました。

 また、1977年には、昭和天皇御在位五十年記念公園として国から指定を受けました。

 公園は、葛西橋通り仙台堀川によって南、中、北の3地区に分けられており、木場公園大橋が各地区を連絡しています。