木曽義昌

社会

木曽義昌

きそよしまさ

戦国武将

天文9年(1540年)、生まれ。 文禄4年3月17日(1595年4月26日)、死去。

木曽義仲の子孫を自称し、信濃国木曾谷を領地とした木曽家の当主。武田信玄の娘を娶っていたが、天目山の戦いの直前に織田信長の軍門に下ったため離縁されている。本能寺の変後は徳川家康豊臣秀吉の間を渡り歩き、最終的に家康の関東移封に従って上総に移った。

なお、息子木曽義利の代に大名・木曽氏は改易されている。