スマートフォン用の表示で見る

木村カエレ

マンガ

木村カエレ

きむらかえれ

久米田康治のマンガ『さよなら絶望先生』(週刊少年マガジンにて連載中)の登場人物。2年へ組出席番号18番の女子生徒。

「海外組」生徒の帰国子女。多くの日本人のイメージする通り、何かにつけては「訴える」と言い出す。

しかし日本と外国の生活習慣の差に戸惑うあまり、外国人人格「カエレ」と日本人人格「楓」の二つの人格を作り出してしまった。普段は「カエレ」でいるようだ。*1

本作品のお色気担当キャラに位置づけられているらしく、グラマーな身体つきで(新井先生には及ばないが)頻繁に(意味もなく)パンチラする。

名前の元ネタは「木村カエラ」と「帰れ」を掛け合わせたもの。

さよなら絶望先生(1) (講談社コミックス)

*1:その後、各国ごとの人格があることが判明。現時点で何人いるかまでは把握できてない。