木村恒久

アート

木村恒久

きむらつねひさ

フォト・モンタージュ作家。1928年生まれ。

1945年大阪市工芸学校卒、同年4月、海軍予科練習隊に入隊。

1947年東宝演劇部。1955年ユアサ電池嘱託1960年日本デザインセンター入社、1964年に独立。

1968年東京造形大学教授。同年、チェコ・グラフィック・ビエンナーレ建築家協会賞を受賞。

1970年美学校講師。その門下からは南伸坊らが輩出している。

1979年毎日デザイン賞を受賞。

1981年『ボードリヤール・フォーラム'81』でジャン・ボードリヤールと対談。

1996年ポンピドゥーセンター+東京都現代美術館共催『近代都市と芸術展』招待出品。

晩年は東京造形大学客員教授も務めた。

2008年12月27日死去。80歳。


著書

1979年『キムラカメラ』

1985年『フォトマジック』『日本の"ゑ"木村恒久

1986年『キムラカメラ"オールド"』

1997年CD−ROM『ラストモンタージュ

1999年モンタージュ集『what?』

2006年『ザ・キムラカメラ』