スマートフォン用の表示で見る

木村昌福

一般

木村昌福

きむらまさとみ

第二次世界大戦期の大日本帝国海軍軍人。最終階級は中将

静岡県出身

生没:1891年12月6日〜1960年2月14日

あだ名は「ショーフク」、トレードマークカイゼル髭海軍兵学校生徒の頃からそのおおらかな性格で親しまれ、指揮官としては人望に篤く、この頃の軍人としては珍しく人命尊重を良しとする軍人であった。

海軍兵学校(41期)での卒業席次は末席に近かったが、水雷艇駆逐艦など小型艦艇乗り組みを中心に着実に経験を積み、実務経験では定評があった。

奇跡の成功と言われるキスカ島守備隊の撤収作戦の指揮官として知られる。


略歴


木村昌福を扱った作品

キスカ島 奇跡の撤退―木村昌福中将の生涯 (新潮文庫)

キスカ島 奇跡の撤退―木村昌福中将の生涯 (新潮文庫)

太平洋奇跡の作戦 キスカ [DVD]

太平洋奇跡の作戦 キスカ [DVD]

*1:この時、海底に落ちたドラム缶より漏れた石油が海面に浮かんでいるのを、「新たな油田を発見」と勘違いし驚喜して電報を司令部に発信してしまうというエピソードがある。

*2:べンガル湾での通商破壊戦で、非戦闘員が輸送船から退去したのを見届けてから沈めたという人道的行為が海外で高く評価されている。

*3太平洋戦線における、日本海軍最後の勝利と言われる。