木村洋二

キーワードの候補

2件

読書

木村洋二

きむらようじ

1948年八戸市生まれ。

京都大学文学部卒、現関西大学社会学部教授。

専門はコミュニケーション論、理論社会学。

日本笑い学会理事。独特の口髭を誇りに思っている。

CX系列「トリビアの泉」出演経験アリ。

あるとき3時間笑いつづけて、「笑いの統一理論」を思いつく。(『笑いの社会学世界思想社絶版)。独自の勝手な視点から「笑う四面体」「ユーモアのキューブ」などおかしな理論モデルを真面目に考えた。現在は、ライフワークの「ソシオン理論」(「鬼ごっこ」と「密告」の章)を書いている。

日本笑い学会役員プロフィール

主著

『笑いの社会学』(世界思想社 '84)

『視線と「私」』(弘文堂 '95)

一般

木村洋二

きむらようじ

STV(札幌テレビ)アナウンサー

かつて「ズームイン!!朝!」の北海道中継を担当。

2年後輩の明石英一郎アナウンサーと共に主婦層を中心にタレント並みの人気がある。

 

現在は「どさんこワイド」の司会を始め、

1×8いこうよ!」では大泉洋とのコンビ「YoYo's」で大人気。

STVの他、テレビ朝日アナウンサー試験も受けていた。ちなみに元テレ朝で現在フリーの朝岡聡とは生年月日が同じ。