スマートフォン用の表示で見る

木賃宿

一般

木賃宿

きちんやど

食事の付かない宿のこと。木賃宿は旅人が自分で食事を作る時に薪代を宿に払ったところから「木賃」宿と呼ぶ様になったとか。

一方、食事付きの宿のことを旅籠と言う。「一泊二食付き」という言葉は旅籠の名残り。籠(かご)は、元々は旅の時に馬の餌を入れる籠のことであったが、それが食事を意味することとなり食事付きの宿を旅籠と呼ぶ様になった。