木之本興三

スポーツ

木之本興三

きのもとこうぞう

木之本興三は、元サッカー選手、経営者。「Jリーグを作り上げた男」と言われる。

1949年1月8日生まれ、千葉県千葉市出身。

略歴

千葉県立千葉高等学校から東京教育大学(現・筑波大学)を経て古河電気工業(現・ジェフ千葉)に入社。当時の監督は川淵三郎永井良和は同期。

1975年グッドパスチャー症候群?に罹り手術を受け、以降5年間、休職。退部。

1980年復職、翌年には運営委員としてサッカー部にも復帰。

1983年退社。日本サッカーリーグJSL)専任事務局長に就任。

1991年 社団法人日本プロサッカーリーグJリーグ常務理事就任。関連会社の社長も兼任。

1994年 財団法人日本サッカー協会理事就任。

1998年 社団法人Jリーグ専務理事就任。

2000年 財団法人日本サッカー協会常務理事就任。2002FIFAワールドカップに向け強化推進本部副本部長、本大会では日本選手団団長も務め、フィリップ・トルシエ監督が選考した23人のメンバーを発表した。

現在は株式会社エス・シー・エス代表取締役千葉市蘇我球技場フクダ電子アリーナ)名誉会長。

NHKプロジェクトX」でも取り上げられた。

2017年1月15日、うっ血性心不全のため死去、68歳没。

* リスト::サッカー選手