スマートフォン用の表示で見る

目には目を

一般

目には目を

めにはめを

同害賠償の法制度

目には目を、歯には歯を」

ハンムラビ法典

目には目を、歯には歯を、手には手を、足には足を、焼き傷には焼き傷を、傷には傷を、打ち傷には打ち傷をもって償わなければならない

旧約聖書出エジプト記21章

相手に対して損害を与えたとき、損なったモノと同じ以上の報復は絶対いけない。拡大報復の禁止の戒めの教え。


復讐法

「やられたらやりかえす」という意味。慣例的に使われているが、本来は誤用

Tit for Tat戦略のこと。仕返し。