スマートフォン用の表示で見る

目蒲線

地理

目蒲線

めかません

東急電鉄の路線のうち、目黒田園調布蒲田を結んでいた路線で、同社の中で最も早く開業した「発祥路線」だった。

2000年8月6日多摩川駅(多摩川園駅から改称)を境に以下の2路線に分割され、「目蒲線」という名称は消滅した。

目黒多摩川
目黒線東横線日吉まで延伸)
多摩川蒲田
東急多摩川線

歴史

1923年3月11日目黒蒲田電鉄(目蒲電鉄)が目黒〜丸子(現:沼部)を開業させたのに始まる。

同年11月1日には蒲田までの全線が開通した。

目蒲電鉄が目黒までの路線を開業させたことにより、それと完全に並行する路線を計画していた池上電気鉄道(現:池上線)は、計画の変更を余儀無くされた。

トピック

1989年まで、昭和20年代以前に製造された冷房も無い緑色の旧型電車が活躍し、アンティークな路線として知られていた。

それら緑色の旧型電車を歌詞とした目蒲線の歌なるものがあった。