目黒士門

一般

目黒士門

めぐろしもん

フランス語学者。(1933年9月28日‐2015年11月1日)

1933年大阪生まれる。東北大学文学部仏文科卒、同大学院博士課程修了、小樽商科大学教授、東洋英和女学院大学教授。

専門はフランス語学および中世フランス語ロマンス言語)学。仏 パリ大学ポワチエ大学に国費留学。フランス文化教育に関する長年の業績により、フランス政府よりパルムアカデミック勲章を授与される。

研究活動の傍ら、文部科学省 大学設置審および大学入試センター関連の委員歴任する。

2015年11月1日、脳溢血により死去(82歳)

父はフランス語学者の目黒三郎。母方の祖父大阪外語大学学長で言語学者の中目覚。長男東京工科大学教授の目黒良門

著書

『標準フランス会話』白水社 1974

『現代フランス広文典』白水社 2000

『現代フランス広文典』(改訂版)白水社 2016 他

戊辰戦争後の青年武士とキリスト教 - 仙台藩士・目黒順蔵遺文 - 』風濤社 2018(共著者:目黒安子)

翻訳

R.ジャカール『内面への亡命 分裂病質と文明』誠信書房 1980

アルマン・ドモンティニ『福音宣教はいきづまっているでしょうか』ドンボスコ社1997 他

目黒三郎 目黒良門