スマートフォン用の表示で見る

目線

一般

目線

めせん

意味

[eye direction],[lay one's eyes on]

【目を向ける意識】

相手を視るのではなく、存在(「立ち位置」など)を主張すること。被役者(見られる側=見せる側)が、目力で相手と向き合う線。

カメラ目線」などの演出用語として生まれた言葉。使役者(指導者)が、被役者(実演者)の目線(立ち位置)をコントロールすることにはじまり、被役者(実演者)の主張内容だけでなく、ある立場における主張内容を意味するようになった。そして、立場を明示していない言動についても、被役者の位置付けを抽出するために、注目者(判別者)が使うようになった。注目者(鑑賞者)が、使役者(創造者)を借りて、被役者(演技者)に立ち位置を強いるような、非現実的イメージを解釈する場合もある。

  1. 注目者(見る側=魅せられる側)ではなく、被役者(見られる側=魅せる側)からの位相。
    • ア.相手に目を向ける起点を位置づける場合。(〇〇から目線
    • イ.想定する役柄に扮した意識を位置づける場合。(誰々目線
  2. 注目者(鑑賞者)が被役者(演技者)を非現実的に解釈するイメージ。
  3. 「キャラクター特性」や「観点」を目線という表現に置き換えたもの。
  4. 脳の反応状況が表面化した目の動き。(上目遣い、見下ろし、右流し目、左流し目などの仕草)
  5. 交通路の往き先への方線(北目線南目線

位相としての「目線」の用例

目線が合う」:相手と対話が出来る。

目線を隠す」:目の部分を隠して、相手に個人特定させない。

目線を落とす」:相手と向き合わない。

意識による「目線」

俺目線?、自分目線?、他人目線?、彼氏目線?、彼女目線?、住民目線消費者目線