門跡

一般

門跡

もんぜき

日本の仏教の宗派の本山。また、そこに住んでいる宗派の開祖の正式な後継者のことを指す。転じて、皇族摂家等の子弟が出家するような位階の高い寺院のことを指す言葉として用いられるようになった。