夜の秋

一般

夜の秋

よるのあき

季語は夏。

高浜虚子の孫で俳人稲畑汀子は「漁火の増えゆく早さ夜の秋」と夏がいよいよ終わるさみしさや秋が深まっていくことを詠んだ句がある。それぐらい、さみしさが感じられる夏の終わりの予感、秋が近くなっていく夜の長さが感じられる。