野球拳

ゲーム

野球拳

やきゅうけん

 「野球するなら、こういう具合にしやしゃんせ」で歌いだす音頭に合わせて踊る。

一部で知られている「野球拳」

 「じゃんけんをし、負けた方が服を脱ぐ」ゲーム。

 身包みを剥がされたら負けだが、全裸になるのを避けるため、途中でギブアップを認めたり、パンツは脱がない等のルールをその都度設けるケースが多い。

ルーツ

 大正13年秋、四国実業団リーグ戦伊予鉄道と高松倶楽部の試合が高松で行われた。試合は高松倶楽部が大勝したが、夜の宴会で余興合戦で、伊予鉄チームは昼間の雪辱を期して、助監督の前田伍建氏が即興で作ったのが始まり。野球拳は大うけで、余興合戦は伊予鉄の大勝利となった。ただし、この時の野球拳は服を脱ぐルールはなく、ただのじゃんけん合戦であった。

 以来、この野球拳は、松山の料亭の宴会芸として広まり、その中で負けたら服を脱ぐルールが生まれた。

 昭和30年代にコント55号の番組「裏番組をぶっとばせ」でアイドルや女優を集めて、野球拳をやらせ、低俗番組と批判されながらも一大ブームとなり全国に広まった。

 現在松山市では、徳島阿波踊り高知よさこい踊りに倣い、地元の踊りに育てようと、春まつり、夏まつりに野球拳踊りが踊られている。もちろん服は脱がない。