スマートフォン用の表示で見る

野口二郎

スポーツ

野口二郎

のぐちじろう

戦前・戦後のプロ野球選手。

通称「鉄腕投手」。

右投右打、ポジションは投手背番号は18番。


1920年1月6日生まれ。愛知県出身

京商1937年、1938年と2年連続で甲子園に出場。

1938年春にはノーヒットノーランを1度記録。

卒業後法政大学に進学。

1939年、中退し東京セネタースに入団。

1940年、33勝を挙げ、防御率0.93で最優秀防御率のタイトルを獲得。

その後、翼軍、大洋軍西鉄軍と中心投手として活躍。

1942年、40勝を挙げ最多勝となる。

5月24日の対名古屋軍戦では、延長28回を一人で投げぬいた。*1

1943年、応召。

1946年阪急ブレーブスに移籍。

打撃も良く、通算で830安打を記録している。

1952年、現役引退、コーチに就任。

1956年毎日オリオンズのコーチに就任。

1967年、阪急ブレーブスのコーチに復帰。

1978年、近鉄バファローズの二軍監督に就任。

1986年、退任。

晩年は兵庫県西宮市に在住。ブレーブス2代目OB会長を歴任。


1989年、野球殿堂入り。

2007年5月21日、肺炎のため宝塚市内の病院で逝去。


野口4兄弟の次男であり、長兄は野口明、三男は野口昇?、末弟は野口渉?


リスト::野球選手

*1:相手投手西沢道夫も一人で投げぬいている。