野口冨士男

読書

野口冨士男

のぐちふじお

のぐち・ふじお(1911-1993)

明治44年、東京麹町に生まれる。慶應義塾幼稚舎では岡本太郎と同級だった。普通部を経て文学部予科に進むが中退し、文化学院に転ずる。卒業後、紀伊国屋書店出版部で「行動」の編集に携わり、徳田秋声の知遇を得た。

昭和15年刊行の『風の系譜』が初の著書。戦後はスランプに陥ったが、その折に徳田秋声の伝記考証に精進し、15年がかりで『徳田秋声伝』の出版にこぎつけた。

昭和19年に海軍に召集され、このときにひそかにつけていた日記がのちに『海軍日記』として刊行されている。

還暦のころから創作に脂がのり、『暗い夜の私』などの、昭和文壇史を扱った実名小説や、『なぎの葉考』などの花柳小説に新境地を開いた。その一方で、『わが荷風』『感触的昭和文壇史』といった作家ならではの文学史文学研究といった貴重な仕事をしている。また、『私のなかの東京』のような東京エッセイも余人の追随を許さない深みがある。

晩年の数年間は夫人の介護のためほとんど外出せず。80歳の誕生日を迎えた平成3年7月、河出書房新社より『野口冨士男自選小説全集 上下』が刊行された。夫人の死の数カ月後の平成5年11月22日、82歳で他界。生前からの希望により、埼玉県越谷市図書館に「野口冨士男文庫」が開設されている。

旧宅から大量の日記が発見されており、その一部が2005年11月に越谷市図書館における講演会で初公開された。