フィルダースチョイス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

野手選択

やしゅせんたく

[英] Fielder’s choice(略: Fc

野手選択とは、野球の記録上の用語であり、「野選」とも略す。

公認野球規則でもフィールダースチョイスと記されているが、一般にはフィルダースチョイスと言うことも多い。

公認野球規則2.28において、以下のように定義されている。

  1. フェアのゴロを扱った野手が、打者走者を一塁でアウトにする代わりに、前を走る走者をアウトにしようとして、他の塁に送球する行為
  2. ヒットを打った打者が、前を走る走者をアウトにしようとして野手が他の塁へ送球する間に、余分に進塁した場合
  3. 走者が、盗塁や失策によらずに、自分以外の走者をアウトにしようとして野手が他の塁へ送球する間に、余分に進塁した場合
  4. 盗塁に対して守備側が無関心のために何も守備を行わないために、走者が進塁した場合

ただし、記録上では、1.のみのことを指し、2.、3.、4.は打者走者または走者の進塁を、記録上の用語として「野手選択による進塁」という定義としている。

また、スコアボード上の表示でも、1.で前走者もセーフになった状態のみ、野手選択が表示される。

公式記録としては、失策と同様に打者の記録(公認野球規則10.2a)として残らず凡打と同じ扱いとなる。そのため犠牲バントを意図した場合を除き打数にカウントされる。ただし、この打撃の結果による得点は打点として認められる。

例外として、最終回または延長戦裏の無死または一死のサヨナラの場面で、本塁に突入した走者に対して本塁送球を試みたものの、走者が生還し、打者も一塁に生きてサヨナラゲームとなった場合、野手は本塁にしか送球の選択肢がなかったとされ、たとえ、送球のタイミングが明らかに間に合わなかったとしても、野手選択ではなく常に安打が記録される。