野尻宿

地理

野尻宿

のじりじゅく

中山道六十九次?の40番目の宿場。現在は長野県木曽郡大桑村。寛政3年(1791年)に大火に遭っている。宿場通りの長さは奈良井宿に次いでおり、「七曲り」と呼ばれ町筋が曲がりくねっているのが特徴。