野村スコープ

スポーツ

野村スコープ

のむらすこーぷ

野球評論家・野村克也が、野球解説に際してストライクゾーンを9分割し、配球を解説、予測するシステム。

1980年代、野村氏が野球解説者を務めていたころ、独自のデータに基づく「野村スコープ」解説をテレビで行っていた。

2007年10月、パ・リーグクライマックスシリーズ第2ステージのテレビ中継で解説者を務め、18年ぶりに伝説の「野村スコープ」が復活した。