野村新

野村新

(読書)
のむらあらた

教育学者、大分大学名誉教授。1933年2月28日大分県南海部郡鶴見町(現佐伯市)出身。1965年大分大学学芸学部小学校教員養成課程卒、1964年九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得。64年大分短期大学助教授、1965年大分大学教育学部講師、69年助教授、76年教授、教育学部長、2000年学長、のち名誉教授、九州栄養福祉大学教授。文部科学省中央教育審議会臨時委員、4期教員養成部会委員、課程認定委員会主査。教育思想、教授学研究、教師教育。

著書

  • 『子どもが生きられる世界』一茎書房 1987
  • 『いのちに出会う授業の創造』一茎書房 1993
  • 『大学づくりと教員養成教育』一莖書房 2007

共著

  • 『生きる喜びとしての教育』野村新 [等]著 福村出版 1975
  • 『人間形成の研究 生きる喜びとしての教育』野村新 [等]著 福村出版 1977
  • 『教育実践の原理と展開 若い教師のための入門』下山田裕彦共編著 川島書店 1989
  • 『子どもの生を支える教育』編著 一茎書房 1990
  • 『いのちを輝かす教育』二見剛史共編著 一茎書房 1996
  • 『教員養成史の二重構造的特質に関する実証的研究 戦前日本における地方実践例の解明』佐藤尚子, 神崎英紀共編 溪水社 2001
  • 『新しい知の世紀を生きる教育』二見剛史共編著 一莖書房 2001

新着ブログ: 野村新