スマートフォン用の表示で見る

野村誠

音楽

野村誠

のむらまこと

作曲家鍵盤ハーモニカ奏者、ピアニスト

ガムラン曲「踊れ!ベートーヴェン」、指揮者による寸劇のついたピアノ協奏曲「だるまさん作曲中」、箏曲「りす」、カウンセラー草柳和之の委嘱によるピアノ曲「DVがなくなる日のためのINTERMEZZO」などを作曲。アコーディオンのための作品も多い。

しょうぎ作曲を考案。

お年寄りとの共同作曲、子どもとの共同作曲など作曲ワークショップを数多く行う。

鍵盤ハーモニカオーケストラP−ブロッ」のリーダー。

即興演奏ってどうやるの」(あおぞら音楽社)、「路上日記」(ペヨトル工房)などの著者。

CDに「せみ」(Steinhand)、「しょうぎ交響曲の誕生」(山口情報芸術センター)など。

楽譜現代音楽専門の楽譜出版社マザーアース株式会社から出版されている。

1989年、ジョン・ケージ京都賞受賞に合わせて、京大西部講堂で3日間で40以上の演目(うちジョン・ケージ作品も10作品)を演奏した「ケージバン」をプロデュースした。

90年代前半は、バンドpou-fouピアニストとして活動。

糸

老人ホームに音楽がひびく?作曲家になったお年寄り

老人ホームに音楽がひびく?作曲家になったお年寄り