スマートフォン用の表示で見る

野村総一郎

サイエンス

野村総一郎

のむらそういちろう

日本の精神科医。日本うつ病学会理事長。

氏が著者となったうつ病等に関連する書籍は多数に上る。

1949年広島生まれ。1974年、慶応義塾大学卒。

1988年、藤田保健衛生大学助教授

1998年、防衛医科大学校教授。

2008年、防衛医科大学校副院長。

公務の傍らで、読売新聞の「人生案内」コーナーで読者から送られる質問のうち、主に心理・メンタルヘルス関連の回答を担当する。

2011年3月1日付けの「人生案内」では、「NARUTOの中で忘れられない漫画のキャラクターがいて、その死から立ち直れない」「彼のことを思うといまだに涙が止まらず、翌日に目が腫れるほど泣いてしまう」という中学3年生の女子の投稿に対して、自らも回答にあたって「NARUTO」を全巻読み通し、ハマったことを明らかにした。