スマートフォン用の表示で見る

野村忠宏

スポーツ

野村忠宏

のむらただひろ

奈良出身柔道家。(北葛城郡広陵町

1974年12月10日うまれ(団塊ジュニア世代)。

ミキハウス所属 60キロ級日本代表

身長、体重:164cm、60kg

得意技:背負い投げ

5歳から柔道を始める。96年アトランタオリンピック、97年世界選手権金メダルを獲得。

00年シドニーの両五輪金メダルを獲得。シドニーオリンピック後、2年間柔道から離れていたが、02年11月の講道館杯から復帰。03年の世界選手権銅メダルを獲得した。

2004年8月アテネオリンピック柔道競技60kg級優勝。

アトランタ-シドニー-アテネで軽量級初の五輪3連覇達成。

アテネオリンピックでとった金メダルは日本のオリンピック金メダル通算100個めとなるものだった。

得意技は背負い投げ、内また。抜群の技の切れ、スピード豊かな柔道は「天才的」と評される。

72年ミュンヘンオリンピック軽中量級金メダル野村豊和氏のおい。