野田総理 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

野田佳彦

のだよしひこ

人物像、政策・主張

略歴

著書

民主の敵―政権交代に大義あり (新潮新書)

民主の敵―政権交代に大義あり (新潮新書)

国家機能を立て直す

国家機能を立て直す

野田佳彦が取り組んだ2法案

政治資金規正法改正(2007.12.21可決)

国会議員関係の政治団体が、人件費を除く1円以上のすべての支出について領収書を公開することを柱とする。政治資金の透明性を高めるねらい。

野田よしひこは民主党政治改革推進本部事務局長として与野党の実務者間協議に参加し、粘り強く交渉を重ね、合意形成に力を尽くしました。

宇宙基本法(2008.5.20可決)

縦割り行政を改め、国家として一元的に宇宙政策を推進する体制を構築し、戦略的に宇宙開発利用をすすめ、国民がその恩恵を十分に受けられるようにする。

野田よしひこは、民主党宇宙基本法検討プロジェクトチームの座長として、この法案づくりに深く関わりました。

その後、「宇宙基本法フォローアップ議員議会」を発足させ、その共同代表として宇宙政策の旗振り役を務めています。