野母崎町

野母崎町

(地理)
のもざきちょう

長崎県の長崎半島の南端にあった町。西彼杵郡に属していた。ツバキと水仙の名所として有名。
1889年4月1日に町村制施行により西彼杵郡 高浜村、野母村、脇岬村、樺島村が成立する。1955年4月1日に高浜村の一部と野母村、脇岬村、樺島村が合併し野母崎町となる。高浜村の残りは高島町の一部となる。2005年1月4日に長崎市に編入された。

新着ブログ: 野母崎町