スマートフォン用の表示で見る

野望の王国

マンガ

野望の王国

やぼうのおうこく

雁屋哲原作・由起賢二作画の劇画東大法学部の学生二人が片割れ 橘征四郎の兄が主催する暴力団橘組を乗っ取り日本を裏から支配しようとする。でも全編通して大体「神奈川県川崎市」が戦いの舞台。

橘征二郎、疋矢繁、柿崎憲など魅力的な人物がてんこもり。


 すさまじい表現が全編を通して描かれるため、ある種笑える、あの、「大阪出身/在住でわんこが好きなヤクザ屋さんをひっかけるために、彼へ推定体高1メートルのチャウチャウ!を見せる」をコメディリリーフとかでなくて描くとかの表現が、横溢している。ので傑作マンガ論ギャグマンガサルまん」という、表面的な体裁をこの作品のパロディにした作品では、「柿崎がドラッグを決めてハイになる」顔をそのまま持ってきて(トレスとかではない)、「そんなばかなー!」と言わせるシーンがある。

リスト::漫画作品タイトル

漫画 コミック