矢ケ崎克馬

サイエンス

矢ケ崎克馬

やがさきかつま

矢ヶ崎克馬(やがさきかつま)

1943年東京生まれ、長野県松本育ち。名古屋工業大学計測工学科卒、広島大学大学院理学研究科(博士課程)物性学専攻単位取得満期退学。理学博士(広島大学)。琉球大学理学部教授、琉球大学極低温センター長、日本学術会議物理学研究連絡委員会委員、琉球大学学生部長、琉球大学理学部長等を歴任。 2009年3月、琉球大学定年退職。2003年より、原爆症認定集団訴訟で、「内部被曝」について証言を行う。現在、琉球大学名誉教授。

amazon:矢ヶ崎克馬

隠された被曝

隠された被曝